ごあいさつ

住まい探しを心から楽しんでもらいたい
「人生最大のエンターテインメント」にしたい。

ハッピーハウスは、「物件」と「お金」のサポートを大切にしています。いわゆる不動産屋さんの業務は、買主に物件を紹介する”不動産の仲介業“がメインですが、 ハッピーハウスは“お金に関わること”のケアを重要視していることが特徴です。 不動産の相談をされる方は、「物件に関すること」「お金に関すること」と大きく2つの心配事を抱えています。この物件は自分たちで買えるのだろうか、将来的に住宅ローンを支払っていけるのだろうか、という不安です。住まい探しは「物件」探しに注力しがちですが、実は「お金」は「物件」と同じくらい重要な部分です。ところが今までの不動産業というのは、物件だけに固執したところがほとんどです。とにかく物件を探し、ただ条件にあった物件の情報だけをメールなりFAXで送ってくる。ちょっとでもお客様の反応が良い物件があれば、理由をつけて「見学」という具合です。多少予算がオーバーしても、「ローンの支払いは何とかなるでしょう」という昔ながらの業者がまだまだ 多いのが現状です。お客様からすると、お金の不安が解決されないまま、新しい家へのワクワク感でいつしか、「お金」の優先順位が下がってしまうのです。「その分、頑張って働くよ」となってしまいます。 しかし、あれほど熱心だった営業マンも物件が決まると連絡が遅く、対応が悪くなってしまった。 よく私ともに相談される方がおっしゃる言葉です。

強みは「物件」と「お金」の両方をサポートできる総合力

だから、不動産業に携わる人間は「お金」に関する正確な知識を持つべきですし、きちんと説明できなくては なりません。私は前職で経営コンサルティング業界で働いていた知識や経験から、お客様の抱える問題を 客観的に見つめるようにしています。また「ファイナンシャル・プランナー」の知識を活かし、ライフプランに基づいた資金計画の提案をすることで、お客様に安心感をもってもらえるように勤めています。「物件」と「お金」のバランスよいサポートが信頼につながり、以前もご購入いただきましたお客様からのご紹介や、遠方からもご来店いただいております。人生最大のお買い物である不動産購入は、本来ならもっとワクワクできるものだと思います。住まい探しを心から楽しんでもらい「人生最大のエンターテイメント」を全力でサポートできればと思います。今後も一層のご期待とご指導を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社ハッピーハウス
代表取締役
真山 英二(さのやま えいじ)